【Q&A】行政書士資格を取得したいですが収入はどの程度でしょうか?

公開日: : 最終更新日:2014/05/21 行政書士 Q&A ,

Sponsord link
My contents


《じっくり読んだときの読了時間》: 34

N695_ichimanensatu500

【質問】

 今大学生やっています。

 行政書士の仕事に魅力を感じており資格の取得を考えてます。

 行政書士として開業したとして生活できますか?

 

sponsord link

前提として

 この疑問は多くの方の関心事でしょうね。

 ただ、一つ言えるのは、いかなる仕事でも独立してやっていくにはそれなりの工夫がいるということです。

 今や弁護士や医者でさへ独立が大変と言われる時代です。

 どの資格も『取得しただけ』では宝の持ち腐れです。

大学生の方は卒業⇒即独立は避けるべき

 資格を取得しただけでは、いきなり生活できる程の収入を得ることはできません。

 今の時代資格を持っていればなんとかなる職業はないといっても過言ではありません。

 では、行政書士の仕事に興味がある場合、どのような過程で独立を考えるべきでしょうか?

 個人的には、大手の総合事務所等に就職するのが一番だと思います。

 他には、一般企業に就職し、そこで働く過程で、ビジネスチャンスを模索する等も良いでしょう。

 これに対して、大学を卒業して社会経験なしに、すぐ行政書士として独立することは避けるべきです。
 余程のスキルがある場合を除いては、これはリスクが高すぎます。

 一般企業又は総合事務所に就職し、十分に社会経験を積むべきでしょう。

 その後、社会経験の中で、行政書士資格を生かしたビジネスチャンスを研究するべきです。

 行政書士は、幸いながら副業としても十分成立する士業ですのでリスクを抑えた形で開始することができます。

 もちろん行政書士の仕事をするには資格取得は必須ですので、当然ながらまずは資格取得に向けて頑張らなければなりません。

 資格を持っていれば、自然とそれに関わる情報に興味を持つようになります。

 これは、大変重要な行動です。

 何事もアンテナを貼って情報を取り入れる者だけが十分な収入を得られるようになります。

国家資格はリスクヘッジに最高のツール

 今の時代、サラリーマンであろうと、公務員であろうと、必ず心の片隅にリスクヘッジを考えておかなければなりません。

 『いざとなったら独立してやる』

 と考えることは大変な強みです。

 そういった危機感を持ちながら社会人として何年か働くのと、そういった危機感もないまま数年を漠然と過ごすのとでは雲泥の差が出てきます。

 そう言った意味でも、いざという時実際に独立開業のできる行政書士資格は、かなりのリスクヘッジになります。

行政書士として収入を得るために必須のスキル

 これは一にも二にも『営業力』です。

 行政書士も、技術を売って利益を得る点では、商売とさほど変わりません。

 となれば、営業力がなければ、お客さんと出会うことができません。

 これを、就職後企業の中で学ぶのです。

 営業スキルを高めるためには、失敗を重ねるという事が必須になってきます。

 これには、想像を超えるコストがかかります。

 この点、企業で仕事をしていると、この失敗のコストを企業が負担してくれ、練習をさせてくれるのです。

 その上給料もいただける。

 これは独立している僕のような立場からずると、本当に素晴らしい事です。

 こんなに貴重な機会はなかなかありません。

 そのためにも、大学を卒業してすぐ行政書士として独立するのではなく、社会経験を積み様々なスキルをつけましょう。

 そして副業として少しずつ研究を重ねましょう。

 営業力が付けば、生活していけるというギリギリの収入ではなく、数千万円の売上にも手が届くでしょう。

 中には、数億という猛者もいらっしゃる業界ですし、未開拓分野も多数ある業界ですから、実際チャンスはゴロゴロしています。

 また、事業所得はサラリーマンの給与所得とは質が違いますから、同じ400万円の収入でも、事業主の方が明らかに生活レベルが高くなります。

 夢をもって資格を取得する価値は十分にあります。

そうはいっても資格がなければ始まらない

 いままでいろいろな話をしてきましたが・・・。

 そうは言っても、資格がなきゃ始まりません。

 大学生の間は十分な時間があるはずです。

 大学生であれば、社会人とは自由に使える時間が違う場合が多いですから、行政書士資格レベルであれば、比較的容易に取得ができるでしょう。

 司法試験等のように、スクールの料金も高額でありませんから、挑戦しておいて損はありません。

 資格を取得できればそれがある程度の自信につながることも事実です。

 是非、ご自身のスキルアップとしても、リスクヘッジとしても、取得を目指してみましょう!!

 具体的な収入等に関しましては、新しく記事を書いてみましたので下記記事をご参考下さい。

 ↓  ↓  ↓

 行政書士とエリート士業達の苦悩:食えない8割⇔2割総取り。20:80の法則は真実

Sponsord link
PR

長年結果が出ない・・・。スクール利用でスっと合格できる人は多いです。

コスパランキング
フォーサイト
エル・エー
ユーキャン

伊藤塾
LECリーガルマインド
資格の大原

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

学鬼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


余白

限定無料!! 3名様/月 《お悩みカウンセリングサービス》始めました!

限定無料!!  3名様/月 《勉強のお悩み相談サービス》

ご意見・ご感想などお気軽にコメントいただけますと幸いです。

学鬼