精神面を甘く見ない!!メンタルを笑う者はメンタルに泣くという話

公開日: : 最終更新日:2014/06/24 やる気・モチベーション ,

Sponsord link
My contents


《じっくり読んだときの読了時間》: 515

メンタル

 カテゴリ分類に少し悩みました・・・。

 モチベーションのカテゴリで書いていきますが、今回の内容は、一面で気分転換の面も含んでいます。

 早速ですが・・・・。

 メンタルを笑う者は、メンタルに泣くという話です。はい。

 『なんのこっちゃ!!』

 と突っ込まれそうですが(笑)

 読んで字のごとく。

 資格試験の勉強を継続する上で、メンタル面の話を甘く見ないことは意外にも大切な心がけであるという事について書いていこうと思います。

 『ビジネス書を読んでも気持ちよくなって終わりよね』

 と少し覚めている人は、読まれてみると、少し参考になる面があるかもしれません。
 

2014年 6月23日 更新しました!!
sponsord link

長丁場こそメンタル面が大切

メンタル

メンタル面を甘く見てはいけないぜ!

 メンタル面を甘く見てはいけません。

 資格試験の勉強を開始する時は、希望に溢れ『自分ならできる!!』と信じて疑わない自分でいられる方が多いと思います。

 まさか勉強を開始してすぐさま、『自分ではダメだ』と考え、勉強をする人はいないでしょうからね。

 でも、このような気持ちは、最初だけと相場が決まっています。

 資格試験の勉強が長丁場になればなるほど、だんだんと『万能感』は薄れていき、やる気・モチベーションは低下していきます。

 『自分ならやれる!!』といった熱い気持ちは立ちはだかる壁の数々に打ち砕かれそうになることでしょう。

 さらに、悪いことに、忙しい社会人や学生さんの場合、多忙な日々に追われ、さらにやる気・モチベーションの低下を促進します。

 多忙で休む暇がなくなれば、メンタルが極端に弱る恐れがあるのです。

 『自分はメンタル強いから大丈夫』

 そう考える人ほどドツボにはまりますのでご注意あれ。

『自信』がある人ほどドツボにはまる不思議

 なぜって?

 僕自身が、まさにドツボにはまったクチだからです(笑)

 思ってましたね~。

 『自分は、負けません』

 でも、そういう気持ちが強ければ強いほどダメでした。

 頑張れば頑張るほどダメ。

 これ長丁場である資格試験の勉強には、いつもついてまわる問題です。

 僕は真面目でも自信がある方でもありませんが、真面目な人ほど、そして自信がある人ほど、気づかぬうちにドツボに陥ります。

 気楽に楽観的に挑戦するのが、長丁場を乗り越える上では大変大切なことです。
 

一度メンタル面で落ち込みが起こればメルトダウンな話

 メンタル面はデリケートです。
 
 一度メンタル面がグッと落ち込んでしまうと、どうしようも抜け出せない悪循環に陥ってしまいます。

 これでは、モチベーションは極限まで低下します。

 長期勉強を継続しなければならない資格試験の勉強では、最後までたどり着けない人が多くいらっしゃるそうです。
 
 そう言う人は、大抵、メンタル面の悪循環に陥り、去っていくのです。

 特に難関と言われる難しい資格試験などでは、この傾向が非常に顕著です。
 
 『とにかく最後まで勉強を続けることができれば半分以上合格』とまで言われるほどだそうです。

 だからこそ、やる気・モチベーションに直結してしまう、メンタル面を甘く見てはいけません。

 何度も申し上げますが、勉強を続けたいなら、メンタル管理は怠ってはいけません。

 心の力が少なくなったと感じれば、必ず補給することが大切なのです。

 熱いハートがなければ、何事もやり遂げることはできません。

 では、この心の力の補給はどのように行えば良いのでしょうか?

メンタル管理のコツ!!心の力を補給する工夫達♪

工夫

 仕事をしながらでも。

 学生の方でも。

 メンタル面への配慮は大変重要です。

 なかなか成果が得られなかったり、忙しく余裕がなくなると、一気に資格試験の勉強ははかどらなくなります。

 そのような状況が続き、長い間目に見える成果が得られなければ、もう最悪。

 資格試験への挑戦を諦める人も出てくるでしょう。

 そうならないよう、心の力を補給するため、下記のような工夫をしてみましょう。

心の力を補給する効果的な方法

  • 元気が出る好きな本を3冊は机の周辺に置いておく
  • 勇気づけられる映画を観る時間を作る
  • 力をもらえる音楽を聞く
  • 十分に眠る

元気が出る好きな本を3冊は机の周辺に置いておく

 『自分今弱ってんな。。』そう言うときのために、さっと手に取るバイブル的な本を机に置いておきましょう。
 
 辛いときや不安なとき、さっと手にとって読むことができます。

勇気づけられる映画を観る時間を作る

 自分が弱っているときには、自分以外から力をもらうのが一番効果的な方法です。
 
 いい映画を観てガッチリ心のパワーを補給しましょう。

力をもらえる音楽を聞く

 音楽は、メンタル面の回復に非常に効果的です。
 
 映画同様、いい音楽を聴き、リラックスすすることでメンタル面の辛い気持ちや、不安な気持ちを回復してやりましょう。

十分に眠る

 実は寝ることは、メンタル面を回復させる上で必要不可欠だそうです。
 
 人は数日眠らないだけで、精神的に不安定になるそうです。
 
 寝ることと、メンタルの健全さは関係していますので、『最近忙しくて睡眠時間を削ってんな』というときには、思い切って早めに寝てしまうのも効果的です。

メンタル面への配慮はいつも心がけるが吉!!

必要性

メンタル面が弱った

 あなたは、メンタルが弱った時の対策を考えたことがあるでしょうか?
 僕は、いろいろと失敗を重ねる中で、何度もこの壁にぶち当たり考える機会を得ました。

 そんな中、メンタル面は本当に大切であることを学びました。

 日本人は、海外の方と比較して、宗教的支えが希薄です。

 例えばアメリカ人であれば、キリスト教等を心の支えとされている方もいらっしゃいます。

 この点、日本人は仏教徒が多いですが、信仰は希薄ですから心の支えまで活用できる人は少ないのではないでしょうか。

メンタル的な『支えのない人』は作ってしまえ!!

 ですから、そういう『支えのない人』は、支えとなるものを作ってしまいましょう。

 これはなんでも良いと思いますが、大体上記のポイントを参考にいくつか用意すれば十分です。

 少し弱ったな?と思う度、アイテムを利用し回復しましょう。

 この回復のために、勉強時間を削っても構いません。

 回復できれば、簡単に巻き返しは可能ですから。

 こういったメンタル的な話をすると、必ず『そのような本を読んでも一時的な効果に過ぎない』と覚めているご意見を聞くことがります。

 僕もそう思っていましたね~。

 本当に、ビジネス書を読んでテンションが上がっただけに過ぎない一時的な熱では何もできないと心から考えていましたし、今でもそうです。

メンタル回復にはビジネス書は意外に効果的

 でも、メンタル面の修復には、ビジネス書やいい話の本、前向きになれる本や映画、これらは絶大な効果を発揮してしまうのも事実です。

 好きな本が、自分を立ち直らせてくれることは少なくありません。

 また、忘れた初心を思い出させてくれることも多々あります。

 これを覚めた目で評価し、活用しないのは損というものです。

 それほど、費用のかかることでもありませんし、難しいことでもありません。

 是非、一度試してみてはいかがでしょうか?

 メンタル面・・・長丁場になるほど、壁が高いほど、それに比例して重要となる配慮ですので、ちゃんと注意することが必要です。

まとめ

 お疲れ様でした。
 
 この記事はメンタル面について厚く書かせていただきました。
  
 精神面は軽視されがちな部分ですが、正直、死ぬほど重要です。
 
 心のパワーがなくなれば、集中力や、やる気も引きずられて低下する傾向にあります。 
 
 頑張ったはいいが、心のパワーが足りなければ、それほど効果が出ないことも十分想定できます。
 
 そして、効果が出ないことによって、さらに落ち込みメンタル面を傷つけることになります。
 
 こういう悪循環に陥らないためにも、メンタル面への配慮は最低限行いましょう。
 
 

Sponsord link
PR

長年結果が出ない・・・。スクール利用でスっと合格できる人は多いです。

コスパランキング
フォーサイト
エル・エー
ユーキャン

伊藤塾
LECリーガルマインド
資格の大原

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

学鬼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


この記事に関連するあなたにオススメの記事一覧!

余白

限定無料!! 3名様/月 《お悩みカウンセリングサービス》始めました!

限定無料!!  3名様/月 《勉強のお悩み相談サービス》

ご意見・ご感想などお気軽にコメントいただけますと幸いです。

学鬼